製品情報
調質(焼入れ焼戻し)
リストの画像組織の均一化や硬さを調整するために、焼入れと焼戻しを組み合わせた熱処理。
焼入れのままでは、非常に硬いため、焼戻しにより硬さを低下させる代わりに靭性(ねばり)を回復させる。
電気亜鉛めっき
リストの画像回転バレル(容器)の中に製品を装入し、電解溶液中で製品を陰極として通電し、製品表面にめっき金属(亜鉛)を析出させた後、クロメート処理を施し、製品に耐食性を付与する表面処理加工。
浸炭、浸炭窒化
リストの画像高温にある鋼が炭素を固溶する現象を利用し、表面を主に硬化させる熱処理方法。
低炭素鋼を用い、浸炭処理により表面層のみ高炭素とし焼入れにより硬く、内部は柔らかく靭性のある性質が得られる。
高周波焼入れと同様に、耐摩耗性や疲れ性を向上させる。
高周波焼入れ
リストの画像高周波誘導加熱により、必要な部分のみ製品表面を急速加熱後、冷却して表面に焼入硬化層をつくる熱処理。
高い表面硬さと圧縮残留応力により、耐摩耗性と耐疲れ性が向上する。
焼鈍、焼準
リストの画像冷間加工、機械加工ならびに溶接等により発生した、内部応力を除去する熱処理方法。
前加工の影響を除去し、結晶核を微細化して機械的性質を改善する熱処理方法。
ショットブラスト
リストの画像熱処理後のスケール、浸炭防止剤などの除去ならびに疲労強度向上を目的として、硬質粒子を製品表面に吹き付けて、表面に付着している異物を除去する表面処理法。